児童教育での活用例

QR勤怠児童教育現場活躍します!

例えば・・・
保育現場にするこんなお

  • クラスによって入退室の
    時間がバラバラで受付の
    ためだけに人員が必要
  • 紙での管理だと、
    入退室の転記に
    時間がかかる
  • 転記の
    ヒューマンエラーが
    起きやすい
  • 保護者から頻繁に
    お問い合わせが
    来てしまう

QR勤怠なら解決できます!

  • 受付人員の削減に!
    入退室はQRコードを読み込むだけ!

    児童は、QRコードをかざすだけで入退室を記録できます。

    受付にはQRコードの読み取り端末を設置するだけなので、入退室だけのために職員を配置する必要がなくなり、人件費も削減できます。

  • 保護者にメールで入退室をお知らせ!

    入退室の情報をリアルタイムで受け取れるので、保護者も安心。

    保護者は居場所がわかるので、お問い合わせの対応の時間を削減できます。

  • 利用状況をリアルタイムで確認

    保育現場の管理者は、児童の利用状況をリアルタイムで確認できます。

    利用状況をリアルタイムで確認できることによって、欠席や遅刻・早退などの状況にいち早く気付くことができるので、保護者や学校の先生との連携にも役立てることができます。

充実した導入サポート

弊社専任サポーターが、
お客様のサービスご利用をサポートさせていただきます。
操作方法のご不明点などございましたら下記まで、
お気軽にご連絡ください!

料金プラン
1ユーザー
¥300 から!
料金プランの詳細は資料にてご確認ください。

お問い合わせ

導入についてのご相談は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お急ぎの方は、お電話でご連絡ください。

入力してください
正しく入力してください
正しく入力してください
同意してください

プライバシーポリシーはこちら