ToucheeZ QR勤怠の活用例 イベント運営 アウトソーシング

イベント運営の
アウトソーシングでは
このような課題があります

開催準備

事前打ち合わせや
人材確保の状況など
準備するものが多く煩雑

運営状況

イベントで問題が起きても
把握するまでに
時間が掛かる

出退勤管理

人材の出退勤状況を
リアルタイムで
確認できていない

ToucheeZ QR勤怠を使うと
これらの課題を解決できます

対応が必要なものを
アプリ内で通知

事前打ち合わせの日程決めやシフトの確認など、対応が必要なものはバッジで通知します。今なにをしなくてはならないのか、抜け漏れなくイベント開催へ向けて準備することが可能です。

イベント開催の直前になって、打ち合わせの日程が決まっていなかった、など急な対応に追われることがなくなります

運営状況を
リアルタイムで確認

欠勤や遅刻といった現場スタッフ間のやり取りから、待機スタッフを派遣して欲しいといった人材担当者間のやり取りまで、リアルタイムで確認することができます。もちろん、閲覧権限を設定できるので、権限のあるアカウントのみ確認できるように設定できます。

報告書待ちで中々運営状況を確認し難い、といった悩みを解決します。

出退勤記録を
リアルタイムで確認

出退勤記録はリアルタイムで反映されます。シフトと照らし合わせてスタッフがしっかり出勤しているか、イベントが問題なく運営されているか確認することができます。データなので、請求内容との照合作業も簡単にできます。

お問い合わせ

紹介されている機能は、標準機能の一例です。
他にどんな機能があるの?カスタマイズは何ができるの?
など詳しく知りたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。