ToucheeZ QR勤怠の活用例 介護スタッフ 勤怠管理

介護サービスの現場では
このような課題があります

出退勤管理

訪問場所へ直行直帰なので
タイムカードだと
管理できない

シフト作成

人員配置基準をクリアする
シフトを作成するのに
苦労している

訪問記録

予定どおり
訪問場所へ行っているか
確認できていない

ToucheeZ QR勤怠を使うと
これらの課題を解決できます

QRコードで出退勤

スタッフ一人ひとりに独自のQRコードが付与され、それを使って出退勤記録を取ります。スタッフはQRコードをかざすだけ、責任者はQRコードを読み込むだけ。

紙の勤務表に手書きで記入、といった面倒な作業から開放します。

人材配置基準をクリアする
シフト作成

国で定められている人材配置基準をクリアするシフトが簡単に作成できます。他にも、スタッフのスキルを考慮するなど、安定した施設運営ができるように、施設様独自のシフト作成が可能です。

これまでエクセルなどでパズルのように行っていたシフト作成を効率化します。

位置情報を取得して
不正を防止

スタッフの訪問場所ごとにQRコードを発行し、発行したQRコードを訪問場所に設置します。スタッフは設置されているQRコードを読み込むことで訪問記録をつけることができます。読み込む際にGPSを使って位置情報を取得するので、不正を防止します。

今までスタッフの自己申告だった訪問記録を、明確にします

お問い合わせ

紹介されている機能は、標準機能の一例です。
他にどんな機能があるの?カスタマイズは何ができるの?
など詳しく知りたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。