ToucheeZ QR勤怠の活用例 イベントスタッフ 勤怠管理

イベント運営の現場では
このような課題があります

出退勤管理

印刷した紙に手書きで
記入しているので
ミスが起きやすい

人員の補充

欠勤があったときに
どこに誰を補充するかを
照らし合わせるのが大変

報告書の提出

紙に記入した勤務実績を
後日パソコンで入力して
報告書として提出している

ToucheeZ QR勤怠を使うと
これらの課題を解決できます

QRコードで出退勤

スタッフ一人ひとりに独自のQRコードが付与され、それを使って出退勤記録を取ります。スタッフはQRコードをかざすだけ、責任者はQRコードを読み込むだけ。

紙の勤務表に手書きで記入、といった面倒な作業から開放します。

人員の補充に簡単対応

遅刻や欠勤など、補充が必要な場合はアプリ内でアラートを出します。あとは予め設定している待機スタッフを割り当てるだけです。

どこに、誰を補充しなければいけないのか、といった面倒な作業から開放します。

報告書の提出もスマホから

スタッフの勤務実績は閲覧権限のあるアカウントであれば誰でも見ることができます。報告書用に別で入力する、という面倒な作業から開放します。

他にも、会場の進行状況を写真付きで報告できる機能もあるので、スマホひとつで報告書の提出が可能となります。

お問い合わせ

紹介されている機能は、標準機能の一例です。
他にどんな機能があるの?カスタマイズは何ができるの?
など詳しく知りたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。