訪問介護での活用例

QR勤怠訪問介護現場活躍します!

例えば・・・
訪問介護にするこんなお

  • 打刻漏れや
    間違いが多い
  • 不正が起きても
    分からない
  • 訪問する場所を
    間違える
  • 勤怠の入力や
    集計が大変

QR勤怠なら解決できます!

  • QRコードを読み込んで出勤・退勤

    従業員は、スマートフォンでQRコードを読み込むだけで、勤怠情報を記録できます。

    打刻漏れや間違いがあったときは、スマートフォンから修正することができます。

    アナログ管理がなくなることで、入力間違いなどのヒューマンエラーを防ぐことができます。

  • 位置情報を取得して不正を防止

    従業員が訪問する場所ごとにQRコードを発行し、発行したQRコードを訪問場所に設置します。

    従業員が訪問場所でQRコードを読み込むことで、その場所へ確実に訪問したかどうかを記録できます。

    QRコード読み込み時にGPSで位置情報を取得するので、別の場所でQRコードを読み込むといった不正を防ぐことができます。

  • 勤怠情報をリアルタイムで確認

    管理者は、従業員の勤怠情報をリアルタイムで確認できます。

    従業員が予定通り訪問先へ訪問できているか、確認することができます。

    勤怠情報をリアルタイムで確認できることによって、訪問先を間違えるなどといったミスにいち早く気付くことができます。

充実した導入サポート

弊社専任サポーターが、
お客様のサービスご利用をサポートさせていただきます。
操作方法のご不明点などございましたら下記まで、
お気軽にご連絡ください!

料金プラン
1ユーザー
¥300 から!
料金プランの詳細は資料にてご確認ください。

お問い合わせ

導入についてのご相談は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お急ぎの方は、お電話でご連絡ください。

入力してください
正しく入力してください
正しく入力してください
同意してください

プライバシーポリシーはこちら